--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へるに・・・・あ!

2011年08月25日 19:00

IMG_1159.jpg

焦った。
ぼくが仕事中はぼくの仕事が電話自由だからと言っても
電話なんかしてこないかおから電話がありました。

嫌な予感がした・・・・電話に出たら一大事だった。

ぷぅが・・・ヘルニアになってるかも知れない・・・。」

話を聞くとこういう事だ。
かおが朝起きたら枕元で腰の砕けたぷぅがジタバタしていて動けなくなってる、と。
かおが呼んでも前足を使ってすりよって来るだけで後ろ足は動かない。
1年前も発症した時はこんな感じだった。
でも、今回の様にいきなりではなかった。
泳がせたからいけなかったのか?!
キャンプに連れ出すのが悪かったのか?!
ソファーも捨てちゃえば良かった。
ザックも・・・ソロテント2個で別居も・・・・カヌーも・・・・ああぁぁぁぅぅ・・・。
全ていらないって思った。


数時間後。

どうやらヘルニアは勘違いだったらしい。
まず。
ぷぅはソファーでおしっこをしてしまったらしい。
それを危機と感じたぷぅはかおの枕元で命乞い。
起き抜けのかおはぷぅが動けないけど動きたくてジタバタしていると勘違い。
それを見て焦ったかおはぷぅの異変に普段では出さない声、顔付きでぷぅに対応。
更にそのかおを見たぷぅは怒りでぶっ殺されると思ったのかドンドン腰が砕けていく。
そんなイタチごっこが続いて・・・・
うちはヘルニアになったら即手術で対応しようと考えているので
ぷぅを動かさないようにお出かけ用のハウスにイン。(ドア開けたまま)コレが暫くの間ヘルニアじゃないと気付かない原因に・・・・。

そうやって数十分もしてたら、ぷぅがハウスから出て来て(いつもと同じ様子)トイレ行ったり。
かおに近付いて来て甘えたり。
結局、病院に行って診てもらったけどやっぱりナンデモなかった。ホッとした。

かおにその顛末を聞いた時に思った。
ぷぅがヘルニアになった時と、怒られてブルブルしてる時は動きが似ている。
勘違いしても仕方ないなって。

あと、ぷぅの名誉の為に言っておきたい事が。
ぷぅはうちに来てから6年間の間、トイレ失敗はたったの1度だけなのだ。
だから余計に怒られると思ったのか?
ぼくたちにとってはその1回の失敗が”痛くて感覚がなく”なって失敗したのでは?って捉えたのです。

それにしてもヘルニアじゃなくて良かった・・・・・。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcopu.blog77.fc2.com/tb.php/300-5121365d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。