--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー霧降キャンプ場 1-1

2010年07月05日 09:19

梅雨だと言うのに・・・・・霧降などと言うキャンプ場に行ってきました。 なんだか、前回の「人」とキャンプする事がよっぽど楽しかったのかなんなのかはわかりませんが、今回もブログの方とキャンプして来ました。 備忘録です。
今回行ったキャンプ場は栃木県の日光にあるニュー霧降キャンプ場というところです。 事前にブログ等で情報を調べてみましたが、あんまり使える情報は無かった気がします。 探し方が悪かったのかも知れません。 9:00 出発。つーか、この方式やめます。いや、いきなりなんだよって思うかもしれませんが、何時にどこ、これこれこう。みたいなのをやめます。では、再開します。
今回、クマではないんですが、野生のサルを見ました。運転中で一瞬の出来事だったので写真は撮れませんでしたが結構驚きます。
道端にいるんですよね。轢くかと思っちゃいました。
キャンプ場に着くと早速お金を払います。
大人一人1500円。二人で3000円。犬代は0円です。
着いた時はぼくたち以外はだれもいませんでしたので、今回はだだっ広いとこの真ん中に張ってみるを実戦してみました。
いきなり設営完了です。
しかし・・・ぼくはこの設営している時に邪念を抱いていました。
ナニカと言いますと、今回のキャンプはマルボーイの冒険じゃなくてマルボーイの遊び方と言うぼくをリスペクト(うそ)しているマルボーイとキャンプ場で会う約束をしていたのです。
ぼくたちは先に着いたので、早速設営を開始しました。少し雨が降っていたのですが、少しなのでへっちゃらでした。時たま強く降る時も時たまなのでなんて事はありません。
雨の中考えました。
マルボーイが設営する時には大雨になってるんじゃないか?!うっひっひ。イタダキ!早くもネタを一つもらえるぜ、「びしょ濡れマルボーイ」みたいな・・・・うっひっひ。
そんな邪念があったのでぼくだけ雨の中設営する事になったのでした・・・・・。そう、マルボーイが設営中は、たしか・・・・雨降ってませんでした。
なぜうろ覚えかと言いますと、実はそんな邪念も直ぐに忘れてマルボーイが来るのを待ち切れずさっさと温泉に行っていたのです。
ゆりん。キャンプ場から10分くらいの場所にあります。キャンプ場から1分のとこにも大江戸温泉物語でしたっけ?ソレがあります。
ゆりんの場所はここです。 栃木県日光市所野2823
このゆりんですが、営業時間は14時~翌2時までと夜遅くまでやっています。
そして、居酒屋みたいのが併設していて年中無休らしいです。
入浴料は一人800円。
露天風呂と浴場があります。写真無し。
そして、マルボーイに日光の味を思う存分味わってもらうためココに寄りました。
日光のビールらしいです。2本しか買いませんでした・・・・・。
温泉入って、ビールを買って!あとはキャンプ場に戻ってマルボーイの到着を待つだけです。
到着して、設営していました。キリが深かったですが、雨ではありませんでした。
で、この後マルボーイは温泉に行きました、ぼくは律儀なのでマルボーイに「先に飲む」宣言をしておきました。
かおは、midoriさんにもらったコーヒーでぼくはビールです。
かお曰く、香りがとっても良くおいしいコーヒーだと言っていました。ぼくはゴリゴリ隊員なので言われるがままにゴリゴリ挽きました。
おいしいコーヒーをありがとうございました。ご主人とジャックにもよろしくお伝えください。
そして本場のマルボーキュウリをマルボーイから頂きました。「マルボーと言えばキュウリ。」マルボーイの奥様ありがとうございました。
おいしく、これから(記事は昨日の夜作った)頂こうと思います。
夜、写真を撮ったのですが、全てと言っても過言ではないくらいブレていました・・・・・。
言い訳をしますと、すっごい飲んじゃいました。と、イイますのも17時過ぎくらいから飲み始め、終わったのは22時くらい?の時間的にはそんなでもないんですが、その間に350のビールを4本と日光ビール330を1本、それからワインを2リットルくらい飲んだみたいです。
ワインはマルボーイと一緒に飲んだつもりだったんですが、かおが言うにはぼくがほとんど飲んでたらしいです。ホント?
なもんで・・・・・焚火やった事もDSを皆が持ち寄った事も成田から自転車で来ていたドイツの人に喋れもしないのにカステラをあげに行った事も、もちろん後片付けした事も全て覚えていません。
気が付いたら気持ち悪いと言う・・・・いやはや、なんとも・・・・失礼しました。
まぁそんなこんなで次の日です。
マルボーイは整体のプロです。
なんにもしてないのですが、至れり尽くせりのお礼にマッサージをしてくれるとの事です。
ぼくは、痛がりなので丁重にお断りしましたが、かおは大のマッサージ好き。かおがマッサージしてもらう事になりました。
つーかこのマッサージロケーションは最高でした。これは商売になると言う事をマルボーイに教えてあげました。
マルボーイは「・・・・・・・」と言うような顔していたのをぼくは生涯忘れないでしょう。
ちっさ。
写真の中央、車の後ろ、ランステの右側で赤いなんかが横になってるのわかりますかね?
それがかおです。コットに寝っ転がってマッサージしてもらってました。これって最高なんじゃないでしょうか?
だだっ広いキャンプ場で青空の下マッサージを受ける。金になるでしょ
で、この後無事撤収して帰るのですが、ぼくは、まだ他の人とやるキャンプを2組としかやった事ないけど、ある写真を意図的にいつも撮ってました。
それは後ろ姿です。今回忘れちゃいました。
なので、雨粒を振り払う為にぼくに働かせられてるマルボーイの後ろ姿です。
マルボーイサマ。楽しいキャンプありがとうございました。
家も近いし、きっとまたキャンプを共にする事があるでしょう。時間が合えばまたご一緒しましょう。
これにてニュー霧降キャンプ場の思い出を終わりたいと思います。
キャンプ場レポ・・・・・・というか、色々はまた明日!
それでは、またね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pcopu.blog77.fc2.com/tb.php/31-0fea8f10
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。